FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

■秋田県大仙市大曲
■麺屋 十郎兵衛 ■らーめん(700円)

 全国的に有名な花火大会の余韻を感じる大曲の町を訪ねてみました。
 十郎兵衛さんは、元々はラーメンブロガーさんでしたが
 趣味が高じて脱サラまでし、今年8月にラーメン屋さんを始めてしまったという
 根っからのラーメン好きのお方です。

 ご主人の新たなブログでも情報発信されており、開店までの御苦労を陰ながら見守っておりましたが、
 もう気がかりでなりません(笑)

 一念発起して本日訪ねました。


 朝8時に出発し、高速無料化の恩恵にも預かりながらも順調に北上します。
 ところが横手からは有料なんですね知りませんでした。

 大曲に入ると小雨も降りましたが、無事に到着しました。


 自宅から2時間半程で到着。意外に近いんですね。
 暖簾はまだ出ておりません。
 
 開店まで時間がありそうなので、最近購入した「ポメラ」なるテキスト専用デジタルメモ帳に、
 ラー食記の序章を打ちながら玄関先で待たせてもらいました。


 ガラス越しの店内では数人のスタッフが開店準備に忙しそうに動いているのが見えます。

 たぶん私の存在に気づいていると思いますが、変な奴が来たなと思っていたことでしょう(笑)


 

 開店時間は11時ではなかったのでしょうか?
 店長が暖簾を手にして外に出ると、車の中の私に向って「大変お待たせしました」と…流石ですね~
 結局、到着から1時間近く待った後、暖簾が掛けられました(汗)

 (十郎兵衛さん店主の雅浩開店奮闘記に開店時間の件で書き込みがありました。
 雑誌等には11:00とありますが正確には11:30分開店だそうですのでお間違えのないように)


 開店待ちのお客さんは私を含めて6人程と思っていましたがどっと店内になだれ込むと、
 10席ほどの客席はあっと言う間に埋まってしまいました。

 店内はカウンターのみ。すぐ隣には素通しガラスを隔てて製麺室がありました。


 玄関右手に券売機があります。
 メニューは温麺が2種類とつけ麺というシンプルな構成。
 しかし、店主のこだわりでもある麺はメニューによって変えているんですね。

 事前に調べておいたメニューから、中華そばも気になるのですが「らーめん」をオーダーする。

 
 

 中華そばとラーメンの違いはスープと麺がまるで別物のようです。
 らーめんを選んだ理由は麺の好みで(太さ)選んでしまいましたが、切刃18番の麺を使用しているそうです。


 らーめん完成です。
 あつあつの和風のどんぶりで登場しました。

 盛りつけが丁寧で、見た目もとてもきれいですね~

 豚骨醤油に魚介のいい香りがします。

 思ったより、さらっとしたスープなんですね。
 これならすべて飲み干せそうな感じです。
 鰹の風味に豚骨のクリーミーさが調和しています。


 
   
 

 切刃18番の自家製麺はこんなかんじ。
 隣で食べていた極太の「つけ麺」を見たせいか、18番も太いのでしょうが、細く感じてしまいます(笑)

 茹で加減はさすがにばっちりです。ほぼストレートの麺は啜りやすさも計算しているのか食べやすい麺ですね。
 コシもありおいしい麺だと思います。


 トッピングは豪華です。

 700円という値段からすれば妥当かと思いますが、チャーシューは極厚でホクホク柔らかタイプ。
 味付けはかなりシンプルに押さえています。
 メンマはやや太めの密度の濃いコリコリ歯ごたえのあるタイプです。

 海苔も香りよく高得点です。
 玉子の半熟加減は好き好きでしょうが、もしかして火の通り過ぎ?(笑)

 全体的にそつなくまとめてあるのですが、量的にはちょっと物足りない気がしました。

 つけ麺の大盛り無料なら、らーめん類にも…と思ったところです。

 隣で青年が食べていた、つけ麺(大)は美味しそうだったな~
 因みに小盛200g~並300~大盛400gまで全て同一料金なんですね。
 次に食べる機会があったら付け麺ですね♪
 そうそう「ぶためし」150円も人気のようでしたよ。

 あっ、それから早めに冷房設備をお願いいたします。
 今年は特別でしょうが、暑かった・・・(笑)

花火大会会場

麺屋 十郎兵衛 ( じゅろへえ )
住所[map] 秋田県大仙市大曲上栄町 14 - 14
電話番号 0187 - 63 - 5933
営業時間 11:30~20:00
定休日 水曜日
駐車場 あり
お勧め らーめん・中華そば・つけ麺
URL http://jurohei.blog106.fc2.com/
HPデータ 2010/09

 

戻る