家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

■山形県最上町
■西郷屋(その14) ■冷たい天ぷらそば

 西郷屋さんは、そば系もラーメン系も人気ですが、
 じつは、最近「冷し天ぷらそばうまいずね〜」と耳にし、気になっていたメニューであります。

 この日、久々に帰宅した長男が西郷屋さんを切望したため、お昼に伺う事に…
 
 天気も良く、冷し日和と言う事もあり表玄関の暖簾も出ていないところへ勇んで入店してしまったようです(汗)

 若旦那は開店前の麺打ちに大忙しでした。



 さて、注文ですが今日の狙いは既に決めていましたが一応メニューをチェック。

 冷たい系に天ぷらそばがありました。普通盛650円を注文。

 同行者は馬肉ラーメン、味噌ラーメンとそれぞれ違った物を注文。

 面倒くさくてすみません。

 
 
コンパクトながら小上がり席もあるので幼児連れには助かります。
 店内はあっと言う間に、家族、子供連れなどで満席になってしまいました。


 さて完成しました。

 なんとも綺麗な天ぷらそばですね〜

 ドンブリ全体を天ぷらドームで覆うように盛り付けされています。
 豪華さや高級感は有りませんが、赤い海老と緑の野菜がまるで宝石を散りばめたような美しさです。
 ワンポイントの緑色のワサビが粋です。


 
しかし、どのような技術で天ぷらを揚げているんでしょうかね。
 これだけ薄く均等にからっと揚げる技術は想像がつきません。

 
 この天ぷらは、蕎麦つゆに浸して食べる前提で揚げられています。
 ぱりっとした天ぷらの食感や、油の香り、スープとの融合を楽しみながら食べる天ぷらです。

 

 
 天ぷらを箸で割り、汁に浸して食べるとつゆの風味が変わってきます。

 温かな天ぷらそばと違って、徐々に天ぷらが溶けだしてくるので、
 微妙な味の変化を楽しみながらゆっくり頂きました。
 
 ワサビは本わさび?
 香りも良く、冷たい蕎麦にワサビは良く合います。
 
 打ちたての麺は冷水に冷され一層コシが強くなります。
 啜った時の食感も中華麺とは違った重量感を感じます。
 
 実は西郷屋さんで食べる蕎麦で冷たいメニューは初めてでした。
 
一般的に「冷たい肉そば」とかなら珍しくもありませんが、
 「冷たい天ぷらそば」は…正直美味しそうなイメージがわきませんでした。
 

 結論は…「んまいっけ〜」

 噂通り大変美味しい冷たい天ぷらそばでした。

 これからの季節に、是非「そばの冷し系」をお勧めします。

 
 下は長男が食べた最上町名物の「馬肉ラーメン」大盛りです。
 こちらもお勧めです。
 詳細はこちらでご紹介しています。→ その6 その8

 コゴミの生姜醤油あえも美味しかったでした。
 春のごちそうと言えば山菜は外せませんからね〜
 きっと店主自ら採取したものと思いますが、こんな一品が嬉しいんですよね。

 


西郷屋(その14)
所在地[地図] 山形県最上郡最上町大字向町554-1
電話番号 0233-43-2035
営業時間 11:00〜19:00
定休日 不定休
駐車場 あり(最上駅側にあり)
お勧め 冷たい系蕎麦
URL  −
HPデータ 2015/05

戻る